地方銀行即日審査wiki

地方銀行は、最近、即日融資できるカードローンがあります。そんな地方銀行のカードローンの審査について解説します。

口コミ評判の三井住友銀行ビジネスセレクトローンは中小企業、個人事業者の融資には向いていますか?

読了までの目安時間:約 13分

 

自営業・個人事業主の方にオススメな使い道自由のカードローンはこちら!

生活費などが最短1時間で借りられるようになる消費者金融アコム!

アコム

会社への電話連絡なしで利用できて、無利息キャッシングサービスもお得なプロミス!

プロミス

※電話での在籍確認に対して希望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

自営業・個人事業主の方も低金利でお金が借りられる三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』!

バンクイック

低金利で高額ローンも可能なイオン銀行カードローン!

イオン銀行

三井住友銀行ビジネスセレクトローンは中小企業だけでなく個人事業者も利用できますか?

三井住友銀行は中小企業向けにビジネスセレクトローンという事業性資金を融資するサービスを行っております。

一般的な銀行や国金の事業性資金融資サービスの審査に中小企業や個人事業者は通過しにくいため、この三井住友銀行ビジネスセレクトローンを利用したいところです。

しかしながら、中小企業向けのサービスでありながら審査基準についてはかなり厳しいので、中々審査に通過できません。

また、同様の理由から個人事業主の方も中々審査に通過できないことが考えれます。

事業成績が優秀でしたら審査に通過する可能性もありますが、そうでない場合は個人事業主の方は審査で不利になってしまうのです。

ですが、事業成績が優秀でしたら低金利で事業性資金を借りることが可能となります。

下記では三井住友銀行ビジネスセレクトローンについて詳しく解説していきますので、ご参考のうえ申し込むか検討してみてください。

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの金利

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの金利は年2.125%〜となっており、大変低い設定となっております。

やはりメガバンクである三井住友銀行のローンサービスですので、低金利で利用できる点が魅力的です。

ですが、その分審査基準については厳しくなっていますので、しっかりと対策をとる必要があります。

審査基準については後ほど詳しく説明しますので、下記の解説もご参考のうえ申し込みましょう。

三井住友銀行ビジネスセレクトローン借入限度額

三井住友銀行ビジネスセレクトローンでは借り入れ限度額が最高1億円となっております。

この借り入れ限度額でしたら事業を拡大したりするお金を借りるには十分でしょう。

三井住友銀行ビジネスセレクトローンは基本的には無担保制ですが、担保を入れますと3億円までの借り入れ限度額を設定することが可能です。

ですが、当たり前のことですが、借り入れ限度額が高ければそれだけ審査基準も厳しくなりますので、ご注意ください。

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの使い道

三井住友銀行ビジネスセレクトローンで借り入れたお金は事業の運転資金や、事業の設備資金として使うことになります。

決算や賞与用のお金として使っていくことも可能です。

基本的には事業に関する費用として使っていくのでしたら問題ありませんので、事業内容に併せてご利用方法を検討してみてください。

三井住友銀行ビジネスセレクトローンのサービスは以上のような内容となります。

審査に通過できれば高額な事業性資金を融資してもらうことが可能ですので、審査基準を満たす自信があるのでしたら、ぜひお申し込みください。

imasia_9030264_XL

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査基準・難易度は甘い?それとも厳しいですか?

先ほども少し述べましたが、三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査基準・難易度はかなり厳しめです。

審査では利用条件が満たせているかという点が確認されておりますので、まずはビジネスセレクトローンの利用条件について確認しましょう。

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの利用条件

・業暦が2年以上であること

事業を始めて2年程度たっており、安定性が保たれていないとならないということです。

事業を始めてすぐに利用することが出来ないので、事業のスタート段階では利用していくことができません。

・三井住友銀行の窓口で契約手続きができる地域に住んでいること

この条件からは、ビジネスセレクトローンの審査は三井住友銀行の窓口にて行われることがわかります。

つまり、審査は対面方式で事業内容などの説明・確認や利用用途の説明などをする必要があるということです。

カードローンのようにインターネットで手軽に申し込めるようなローンサービスではないということがわかります。

・最新決算期に債務超過していないこと

事業をしていれば決算期に決算書を作成していらっしゃるかと思われますが、この決算書は審査において重要視されます。

この決算書が債務超過、つまり赤字状態だったりすれば審査には必ず落とされてしまうということがこの利用条件からわかるのです。

高額な融資となりますので、債務超過している事業者を三井住友銀行は審査に通過させないようになっております。

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの主な利用条件は上記の通りとなりますが、やはり審査基準が厳しいといえるでしょう。

特に、債務超過していれば審査落ちが確定するという点が、かなり厳しいです。

中小企業や個人事業主の方で上記の利用条件を満たすことが出来ていないというのでしたら、他のビジネスローンを利用することをお勧めします。

事業者金融の『ビジネクスト』でしたら、中小企業・個人事業主の方でも借りやすい審査基準となっておりますので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。

『ビジネクスト』はオンラインで申し込むことができるため、三井住友銀行ビジネスセレクトローンよりも申し込みやすくなっております。

また、業績が1年以上から申し込みが可能ですので、三井住友銀行よりも『ビジネクスト』は早めに貸してくれるのです。

さらに、事業者金融の『ビジネクスト』は決算書で債務超過、つまり赤字の場合でもお金を貸してくれることもあります。

『ビジネクスト』は決算書の内容だけで融資するか決めているわけではないので、赤字であっても審査に通過する見込みはあるのです。

以上のように、『ビジネクスト』は三井住友銀行ビジネスセレクトローンに比べれば審査基準・難易度は厳しくはありません。

審査自体は甘いわけではありませんが、赤字であっても事業の内容次第では審査に通過できる可能性があります。

中小企業や個人事業主の方で三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査に通過できる自信がない方は、ぜひ事業者金融の『ビジネクスト』にお申し込みください。

imasia_9030265_XL

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査時間(期間・日数)はどのくらいかかりますか?

事業資金はすぐに用意したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

事業はスピード勝負という一面もあり、タイミングを逃してしまうとせっかくのチャンスを失ってしまうこともあります。

早めに事業性資金を借りたいのでしたら、やはり審査時間(期間・日数)が短く、スピード性に優れているサービスを利用すべきでしょう。

ところが、三井住友銀行ビジネスセレクトローンは店舗に直接赴いて申し込みをする必要があります。

また、審査についても基準が厳しく、審査自体もかなり厳しいものになっているのです。

そのため、三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査も長くなることが考えられます。

実際にお金が借りられるようになるのは数週間かかることも考えられますので、スピード面は他の事業性資金ローンサービスと同じく遅めといえるでしょう。

早めに事業性資金を借りたいのでしたら、事業者金融の『ビジネクスト』のご利用を検討してみてください。

『ビジネクスト』はインターネットでスムーズに申し込むことができますので、審査時間(期間・日数)も短くなっているのです。

そのため、事業性資金が3日程度で借りられるようになっておりますので、三井住友銀行ビジネスセレクトローンより早めに借りることが出来ます。

また、『ビジネクスト』にはカードローンもあり、一度審査に通過していれば必要な時にすぐにATMなどで事業性資金が借りられるようになるのです。

早めに事業性資金を融資してほしいというのでしたら、3日程度で融資をしてくれる事業者金融の『ビジネクスト』へ申し込んでみましょう。

imasia_9030255_XL

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査に必要な書類は?

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査では複数の書類の提出が求められます。

最新の税務申告書、最新決算期の納税証明書、商品登記簿謄本といった書類の他にも多数の書類が必要となるのです。

三井住友銀行はこれらの書類を元に審査を行うので、書類の準備をしておかなければなりません。

また、窓口で行われる審査ですが、こうした書類を忘れてしまった時点で審査通過は危ぶまれますのでご注意ください。

審査に必要な書類の準備に手間がかかりますし、書類の内容に不備があればすぐに審査落ちしてしまう恐れもあります。

以上のように三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査を受ける際には、多くの書類を提出することになります。

三井住友銀行からも説明があるかと思われますので、書類の準備には慎重な態度で臨みましょう。

事業者金融の『ビジネクスト』も審査自体は厳しく行っておりますので、書類はきちんと提出する必要があります。

ですが、『ビジネクスト』はインターネット申し込みをすることが可能となっていますので、書類に関しても自宅から提出することが可能です。

消費者金融のように、アップロードによる提出はできませんが、FAXや郵送で提出することが可能となっており、店舗に行く必要がありません。

『ビジネクスト』でしたら個人事業主の方は本人確認書類と確定申告書といった書類の提出となりますので、三井住友銀行ビジネスセレクトローンより準備しやすいといえます。

書類提出方法などが三井住友銀行よりは簡単に行えますので、ぜひ『ビジネクスト』に申し込んで事業性資金を借りましょう。

imasia_9030062_XL

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの審査は保証人・担保は不要ですか?

三井住友銀行カードローンは担保は原則不要ですが、保証人に関しては代表取締全員の連帯保証が必要となります。

そのため、申し込みあたっては代表取締役の方の合意が必要ですので、話し合う必要があるのです。

一方、『ビジネクスト』でしたら個人の場合は保証人・担保は一切不要となりますので、スムーズにお申し込みいただけます。

法人の方の場合は代表者が保証人になる必要がありますが、三井住友銀行に比べれば保証人もすぐに用意できるといえるでしょう。

imasia_8362632_XL

個人事業者(自営業)の方が融資をしてもらいたい場合はカードローンを利用するという手もあります

個人事業者(自営業)の方が融資をしてもらいたい場合、事業性資金以外の利用用途でしたら、消費者金融や銀行のカードローンがオススメです。

アコムは事業性資金以外でしたら利用用途が自由なカードローンを提供している消費者金融となります。

最短1時間で融資をしてくれるという優秀なスピード性を持っており、現金をするに借り入れすることができるのです。

また、30日間の無利息キャッシングサービスがあり返済額がお得になったり、借入・返済がインターネットで簡単に行えるなど利便性の高い優良なサービスが揃っております。

生活費などを借りるカードローンとしては特にオススメのサービスですので、ぜひアコムのご利用も検討してみてください。

アコム

生活費などを用立てるカードローンとしては三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のような銀行カードローンのご利用もオススメです。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は安定した収入がある方でしたら、個人事業者(自営業)の方も審査に通過できるカードローンとなっております。

年4.6%〜14.6%という金利の低さでありながら、即日で融資してくれることもあるという優秀なサービス性です。

事業だけでは収入の安定性が取れないという方は、アルバイトなど副業をすれば審査に通過できるようになります。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は低金利で生活費などを借りるのに適していますので、ぜひご利用を検討してみてください。

バンクイック

imasia_10917095_XL




※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※プロミスの無利息キャッシングは初回限定、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

ビジネスローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る