事業運転資金・つなぎ資金の融資期間目安は即日かつ低金利!さらに審査基準が甘い・緩い、そんなビジネスローン・事業者ローンはありますか?

地方銀行即日審査wiki

地方銀行は、最近、即日融資できるカードローンがあります。そんな地方銀行のカードローンの審査について解説します。

事業運転資金・つなぎ資金の融資期間目安は即日かつ低金利!さらに審査基準が甘い・緩い、そんなビジネスローン・事業者ローンはありますか?

読了までの目安時間:約 13分

 

審査基準が甘い、緩い、そんなビジネスローンはありますか?

事業運転資金やつなぎ資金というのは中々借りるのが難しいものです。

お金さえあれば絶対に成功できる自信があっても、先立つものを借りることができないのであれば中々スタートが踏み出せませんよね。

時間をかけて信用を得ていけばいいのかもしれませんが、事業というのはスピードも重要になってきます。

保証人や担保もない方にとってはもどかしい時間を過ごすことになりかねないのです。

信用を得るための行動をしている間に、せっかくのアイデアを先に実行されたりしたら目も当てられません。

そんな不安をお持ちの方にオススメなのがビジネスローンの『ビジネクスト』です。

『ビジネクスト』でしたら保証人や担保不要でまとまったお金をすぐに借りることができますので、ぜひ利用したいという方も多いでしょう。

保証人や担保が不要ということは審査基準が甘い・緩いというわけではないということがお分かりいただけるかと思われます。

キャッシング会社としても保証人や担保がなければ事業資金としてお金を貸しても返済してもらえないリスクがあると考えます。

そのため、審査を厳しく行い、返済能力が無いと判断されれば利用することはできません。

ですが、『ビジネクスト』でしたらしっかりと利用条件を満たせていて、返済能力があることを示せば審査に通過できる見込みが十分あります。

基本的に決算書が赤字だったりすると審査に落ちてしまうのではないかと誰もが不安に思うと思われます。

ですが、『ビジネクスト』でしたら決算書が赤字だからといって、それだけで審査落ちにすることはありません。

業歴が1年以上ある方でしたら、決算書などを提出すればビジネスローンの『ビジネクスト』の審査次第でしたら通過することも可能です。

審査基準が甘い、緩いというわけではありませんが、決算書が赤字だと不利になる会社も多い中、『ビジネクスト』でしたら審査に通過する可能性も見込めるのです。

『ビジネクスト』のカードローンの審査に通過すれば限度額が1万円〜1000万円(新規取引時は500万円)なので、まとまったお金を手にいれることができます。

運転資金が足りずやきもきしている方もまとまったお金があれば自分の事業プランを実現する可能性も芽生えてきます。

また、当座のつなぎ資金としてお金を借りることもできますので、ぜひ『ビジネクスト』のご利用をご検討ください。

imasia_4784058_XL

銀行のビジネスローンは審査が厳しいですか?

ビジネスローンを調達しなければならない際に、まず真っ先に借入先として思い浮かべるのは銀行ではないでしょうか。

実際のところ、多くの銀行が事業者向けに事業性資金の貸し出しといったビジネスローンを行っています。

すでに銀行からビジネスローンでお金を借りて事業を展開しているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

銀行のビジネスローンの特徴を一言でいえば、金利が低いというのが強みとなっております。

やはり資本力のあるメガバンクや大手銀行のビジネスローンですと非常に低金利となっていますので、返済の負担が少ないのです。

ですが、金利が低ければそれに伴い審査基準も厳しくなってしまうのが常であり、銀行のビジネスローンも例外ではありません。

基本的に事業性資金の貸し出しというのは高額になるケースが多いので、銀行側としても返済してもらえないと損失が大きくなってしまいます。

審査も慎重に行われることが多く、決算書などの準備や面会などを通じて、こちらの信用度をアピールしていく必要もあります。

もちろん、それは事業性資金を借り入れる際に踏むべきステップといえるのですが、それでも厳しい審査となると少し身構えてしまいますよね。

手軽に申し込める消費者金融や銀行のカードローンなどでしたら審査手順はそれほど手間なく完了します。

ですが、そういったサービスで借りたお金は事業性資金として利用することを制限されているケースが多いのです。

銀行や消費者金融も事業性資金として貸し出すお金に関してはかなり慎重になる傾向がありますので、審査が厳しくなります。

その点、『ビジネクスト』は決算書などが赤字であっても借りるチャンスがあります。

もちろん、審査が甘いというわけではないのですがチャンスがあるというだけで審査に対する不安が軽減されるのも事実です。

また、オンライン申し込みも可能ですので、申し込みなども行いやすく何かと便利な点でも『ビジネクスト』はオススメです。

事業性資金を借りて事業の運営・拡大などを検討している方はぜひビジネスローンの『ビジネクスト』のご利用を検討しましょう。

imasia_4781690_XL

銀行のビジネスローンのメリット・デメリットは何でしょうか?

大手銀行やメガバンクのビジネスローンのメリットやデメリットについて下記でまとめてみましたので、まずは見てみましょう。

◯メリット

・金利が安い

やはり、最大のメリットは金利が安いという点になってくるでしょう。

金利が低ければそれだけ返済の負担も減るのですから、誰もが金利の低い銀行のビジネスローンに注目するのは当然といえるでしょう。

実際のところ、最高金利でも10%以下という銀行が多いため、高額なキャッシングを低金利で利用していくことが可能です。

・借入限度額が高額

メガバンクになりますと1億円単位でお金を貸し出している銀行も珍しくありません。

もちろん、それほどの大事業でしたらかなりの計画性を立てる必要はありますが、それだけのお金を貸してくれる銀行もあるというのは大きなメリットです。

やはり借りられる限度額が高額という点で強みを持っているといえます。

・担保や第三者保証人は原則的に不要

担保や第三者保証人が不要なので、申し込みの準備がしやすいという点も嬉しいです。

中には担保があればより高額なお金を借りられるといった銀行もありますが、なくても大丈夫です。

保証人に関しては第三者の保証人は不要ですので、準備に手間取ったりすることはありません。

以上のようなメリットを持つ反面、デメリットもあります。

◯デメリット

・審査が非常に厳しい

金利が低く、高額なお金を借りるのですから審査基準はそれに伴いかなり厳しくなります。

そのため、まだ実績が今ひとつないといった会社ですと融資を受けられない可能性も高いです。

決算書が赤字だったり、業績が不振だったりするとそれだけで審査に通過できない恐れがありますので、中々通過できないのです。

また審査が厳しいために、審査時間も長引きがちで中々借りることができないという銀行も多いです。

・業績年数が短いと申し込むことができない

最低でも事業を始めてから2年間程度経っていないと申し込みをすることすらできないという銀行もあります。

事業を始めて最初の山が早めにやってきても銀行のビジネスローンを利用できないなんてことも多々あるのです。

・決算書にない内容に対しての融資が受けられない

銀行は決算書を元に融資をしてくれますが、決算書というのは1年ごとにしか変化しません。

つまり、年内で変化があっても、その内容に対応してくれないのです。

以上のように、デメリットとしては審査に関する内容が中心となってきます。

事業性資金の借り入れを急いでいる方、または確実に融資してほしい方にとっては審査が不安かと思われます。

そこで、審査に関しては銀行よりも安心できる会社として先程も紹介した『ビジネクスト』を利用することを検討していただきたいのです。

『ビジネクスト』でしたら決算書が赤字であっても審査に通過することは可能ですし、業績年数は1年以上でしたら審査に通過する可能性があります。

また、担保や保証人が不要という点で申し込みにあたっての準備もしやすくなっており、申し込みやすいのが『ビジネクスト』です。

借入限度額に関しては銀行より多少低いものの、1000万円まで借りることができますので、十分事業性資金として活用していけます。

また、『ビジネクスト』は銀行のローンサービスでないものの総量規制の対象外となっておりますので、年収を気にせず借り入れをしていけます。

事業性資金を借りるにあたって総量規制を気にしなくていいというのは大いに助けになってきます。

以上のように、より申し込みやすい環境が整っていますので、銀行の審査に通過できる自信がない方は『ビジネクスト』に申し込んでみてはいかがでしょうか。

imasia_4718039_XL

融資スピードが最短即日のビジネスローンを教えてください【国金・銀行・事業者金融比較】

国金・銀行・事業者金融を比較すると、融資スピードに関しては国金<銀行<事業者金融といえるでしょう。

国金は国のサポートですから、かなり金利も低く、積極的に利用していきたい内容になっています。

銀行のサポートも大手銀行でしたら金利がかなり低いので、国金と同じく利用したいと考えている方は多いです。

しかしながら、金利が低ければそれに伴って審査が厳しいというのは上記でも述べてきましたよね。

最短即日で利用できるとしたら、それは『ビジネクスト』のような事業者金融となってくるのです。

国金・銀行・事業者金融という順番は、そのまま「お役所度」を表しているともいえるかもしれません。

国金は読んで字のごとく、国のお金のサポートなのですから、そのお金の出所も国です。

営利を目的としたサポートではなく、あくまで経済活動を活発化させるための融資なのですからそれだけ金利も低いのです。

ですが、その分きちんと明確に信用度がある事業にしか融資をしてくれませんので、審査基準がかなり厳しくなります。

一方、事業者金融というのは営利を目的として事業をサポートする会社たちです。

いわゆる「WinーWin」な関係というやつでして、事業者金融と利用者が共に利益を上げるための融資というイメージをしてみるとよろしいでしょう。

そのため、国金などと比べますとサービス面に優れており、最短即日融資をしてくれるような事業者金融もあるのです。

事業者金融系のサービスである『ビジネクスト』は即日では無理ですが、最短3日で融資を受けることができます。

このようにスピード面で事業者金融系は優れていますので、ぜひ『ビジネクスト』を利用してみてはいかがでしょうか。

imasia_4718039_XL

一番低金利のビジネスローンはどこでしょうか?【国金・銀行・事業者金融比較】

金利に関していえば国金・銀行・事業者金融を比較すればスピード性とは全く逆で国金>銀行>事業者金融ということになるでしょう。

何度も繰り返していますが、国金や銀行は審査基準が厳しい分低金利で利用していくことが可能なのです。

そのため、長期的な視点で考えれば国金や銀行の方がお得に利用できるのでしょう。

ですが、事業というのはスピード勝負な一面もありますので、悠長にことを構えている時間がないという方も多いでしょう。

もたもたしていればせっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。

そんな時に役立ってくるのが事業者金融である『ビジネクスト』ですので、お急ぎの方は『ビジネクスト』を利用しましょう。

imasia_4718038_XL

個人事業者(主)がお金を借りるならどこが一番おすすめでしょうか?

当記事をご覧の方の中には個人事業者の方もいらっしゃるかと思われます。

先ほども説明した国金や銀行ですが、低金利な反面、大きい事業にしか融資をしてくれないという側面もあります。

そういった点を踏まえますと、個人事業者が国金や銀行の審査に耐えうるかはかなり厳しいところです。

個人で企業に比べると小規模な事業を展開しているという方にも事業者金融はオススメなのです。

もちろん大勢で行う大事業のキャッシング枠よりは小さい設定にされることはあります。

ですが、『ビジネクスト』は50万円〜という金額設定になっておりますので、個人で行う事業向けのキャッシング枠も設定してくれるのです。

そういった小さいキャッシング枠の審査にでしたら通過できる可能性は十分あるのです。

以上のように、個人事業者がビジネスローンを利用していく際には『ビジネクスト』が適しています。

個人事業者の方で事業性資金にお困りの方はぜひビジネスローンの『ビジネクスト』をご利用下さい。

imasia_4712594_XL




※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※プロミスの無利息キャッシングは初回限定、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

ビジネスローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る